BIGOT TOKYO ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

Jiro Fujimori                        藤森 二郎

 

1956年 東京・目黒に生まれる。

1979年 明治学院大学法学部卒業後、横浜のパティスリーを経て、かねてからの憧れであったフィリップ・ビゴのもとへと神戸を渡る。ビゴに弟子入りを認められ、その後パンの魅力に魅せられブーランジェ(パン職人)へと転身。

ここでの4年間、パン作りの基本、フランスの食文化、そしてフィリップ・ビゴのエスプリを徹底的に学ぶ。
1984年、「ビゴの店」東京進出一号店のオープンに際し、当時27歳、銀座ビゴの店「ドゥース・フランス」のシェフ兼支配人となる。

1989年 フィリップ・ビゴよりのれん分けを認められ、独立。 同年に、(株)ビゴ東京を設立し、「ビゴの店」鷺沼店をオープン。以降、1999年に玉川田園調布(自由が丘)「エスプリ・ド・ビゴ」、2000年に港南台高島屋「トントン・ビゴ」、2003年に玉川高島屋SC「オ・プティ・フリアンディーズ」をオープン。2011年には鎌倉に「モン・ペシェ・ミニョン」をオープンし、5店舗のシェフ・パトロン(オーナーシェフ)となり、「パン・オ・ルヴァン」、「カヌレ」、「ガレット・デロワ」に「クイニーアマン」など、フランスの食文化を数多く日本に送り出す。

 

パン業界だけでなく、洋菓子業界においても太いパイプを持ち、長年の構想、駐日フランス大使が名誉会長を務め、フランス伝統菓子の普及と継承を目的とした団体、「クラブ・ドゥ・ラ・ガレットデロワ」を設立。設立より副会長を務め、フランス伝統菓子の日本へにおける普及活動を勢力的に行う。
また2004年にはフランス料理アカデミー日本支部(権威あるフランス料理人の団体)にて日本人ブーランジェとして、初めて入会を認められる。

2006年、フランスパンを通じて フランスの豊かな食材・食文化を日本中の人に伝えたいという強い信念から生まれる日々の活動が高く評価され、フランス政府より農事功労章シュヴァリエを受章。日本でもこの称号を持つ職人は少なく、日本人ブーランジェ(パン職人)としては初の快挙であり、まさに日本におけるフランス料理、パン、菓子界のトップ・アルティザン(職人)の一人といえる。


「エスプリ・ド・ビゴの12か月」、「フランスパン」、「エスプリ・ド・ビゴ おうちでできるホームベーカリーレシピ」、「”エスプリ・ド・ビゴ”藤森二郎のおいしい理由。パンのきほん、完全レシピ (一流シェフのお料理レッスンより)」など多数著作。
また 「NHKきょうの料理」、「ソロモン流」など、各方面メディアの取材にも数多く応じる。

 

パン職人の育成に携わるかたわら、小学生への「味覚の授業」にも力を入れ、食の総合ブティックの構想を練るなど、日々フランスの食文化のために走り続けている。

 

藤森二郎 オフィシャルブログ

 

.

田園調布の街に23年、愛していただきました 玉川田園調布2丁目。 シェフ藤森が自身が手掛ける2店舗目としてオープンした「エスプリ・ド・ビゴ」 万事、フランス流をモットーにしたその店には、毎朝焼き立てのパンを求めに地元のお客様が足を運んでくださり、2階のカフェではお客様が憩いの場として―情報交換の場として思い思いの時間を過ごしてくださいました。 ここ「エスプリ・ド・ビゴ」が田園調布のなかの”小さなフランス”となればー  そんな想いを抱き、1997年エスプリ・ド・ビゴはオープンしました。 沢山の職人たちが、このお店で修業し 自身のパン屋をオープンさせました。 沢山のお客様が、この店を愛してくださり、ときに叱咤激励をいただき、成長させてくださいました。 一言では言い表せないほどの、沢山の想いとエスプリが詰まったお店です。 エスプリ・ド・ビゴを長年、愛していただき本当にありがとうございます。 エスプリ・ド・ビゴは、2020年7月31日をもちましてそれまでの23年の歴史に幕を閉じ、同じ田園調布の地にて、2020年9月に再出発・生まれ変わります。 次なる新店舗はシェフ藤森二郎の娘・藤森もも子(株式会社ふじ森、代表)が事業を継承し、生まれ変わります。 2020年9月中旬、同じ田園調布の地にて生まれ変わる新しい「エスプリ」を どうぞ、お楽しみに!

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved